NPO法人の苦悩 part3 「仲間集め編」


りんごをかじるモヒ うまのあと

ついに梅雨にはいりました。☔️

馬業界にとってはオフシーズンに入ったんだと思います。今のうちにできることをしておかねば! 笑


それでは前回からの続きです。

法人設立の最大の難関!といいますか一番重要なポイントです!「10人以上の仲間」が必

要となります。何だか漫画のワンピースを連想しましたが、スタート時点で自分だけだったのでかなりハードルが高いことは想像できましたw


この時点では「馬を活用したまちづくり」というコンセプトを持っていましたので、場所、予算がどれだけ必要なのか?そして企画書やプレゼン資料の作成に着手していました。

まちづくり講座に参加していくなかで、色々と考え方も変わっていき、当初は「引退馬」などのサラブレッドを飼う予定でしたが、やはり実現可能な「ポニー」からと言う決断に至りました。

今考えると最初から引退馬なんかそりゃ無理だろう!と思います😅


そして、ようやく場所や予算の見立てが完成し、いよいよ仲間集めです!

これは流石に苦労しました💦

個人がいくら理想を掲げたところで仲間は集まりません!

なので、最終的な手段といいますか、最初から薄々と気付いていたのですが、「一人ひとり」直接口説くことにしました!笑

人それぞれ考えがありますので一様にコンセプトを伝えるだけではと思い、色々な話をしたのですが、一貫として決めていたのは「人と人の繋がり」を大切にしていくと言うものです。


今現在の会員は「昔からの友人」が多いです!年を取って家庭をもつと、仲の良かった友人ですら関係性は「希薄」となって行きます。

ですので口説き文句にしたのは「馬を介して繋がりを復活しよう!」です。

これで落としました!笑

実をいいますと、現在の NPO 法人は「元々は馬が好きな人達の集まり」ではないのです!これはウィークポイントでもあり、これからの発展性の大きさをも示唆しています!🤗

では「大義」はどうしたのか?w

馬を介しての人と人の繋がり?

次回につづく…


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示