NPO法人の苦悩 part2 「大義編」


モヒを放牧 うまのあと

モヒに鞍を付けてみましたが、かなりいい感じです!✨これから子供たちを乗せて歩くのですから日頃の訓練が必要です!👍

ちなみに頭絡(ハミ)があったので自分も乗ってみました!笑


乗馬クラブの馬たちほどではないにしろ、自分の合図に従って歩くことが出来ます。とても頭のいい子です。これからも日々の訓練を継続していきたいと思います。


その様子はまたの機会に!🤗


そして、前回からのつづきですw

「大義」ってなんですかね?辞書では「人間として踏み行うべき最も大切な道」って書いてありましたが、そんな大そうなことではありません!


きっと当時は仲間を集めることに大変で色々と考えていたのだと思います。

「自分、馬飼いたいので仲間になってくれ!」じゃ普通は無理なので!笑


やっぱり当時感じていたのは馬の持っている「エネルギー」や「素晴らしさ」を誰かに伝えたいと言う思いが強かったです。

一人で馬を飼ってもただの自己満足で終わってしまうなってずっと考えていたのも事実です。

そんな時に知ったのが「引退馬問題」です!あーこれはまさしく「大義」だ!笑


競馬好きでしたが、競走馬達が引退後どのような問題を抱えているのかなんて、これまで考えたこともなかったですし、そして、これは人間社会の課題でもあることに気付かされました。🤔


そこからです!

NPO法人の勉強を始めて、市の開催するまちづくり講座や市民協働センターに駆け込み寺のように通うようになったのは!w


次回につづく・・・



4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示